撮り鉄の鉄道ノート

近鉄好きの撮り鉄が好き勝手に書くブログ

近鉄はどうやってできた?歴史をイチからたどってみた(前編)

近鉄はどうやってできた?歴史をイチからたどってみた(前編)

前回は路線ごとに開業年月日をチェックしました。

>>近鉄の路線、全線をそれぞれ開業年表出してみた

これだけじゃ何がなんだかイメージできないと思うので、近鉄の路線図を使って色を塗りながら、どう変化してきたか見てみましょう。

近鉄は、こうやって完成した(前編)

近鉄は、こうやって完成した(前編)

引用:近畿日本鉄道・路線図

これは現在の路線図です。

白黒にして、近鉄(大軌や参宮急行)になったら赤で。

その時にある路線で、他社線は黄緑

変化する部分は、色を付けています。

1898年~1902年

1898年~1902年

1898年3月24日柏原~道明寺~古市が開業(河陽鉄道)
1898年4月14日古市~富田林が開業
1899年5月11日河陽鉄道→河南鉄道になる
1902年3月25日富田林~滝谷不動が開業
1902年12月12日滝谷不動~河内長野が開業

近鉄の路線で1番古いのが、柏原~古市の部分です。

それからすぐに富田林まで開業し、河内長野まで延伸します。

南大阪線が古市あたりでグネグネ曲がっている理由がコレ。本線は柏原~河内長野だったんです。

関連記事:近鉄で1番古い!近鉄道明寺線の歴史と現在【元は本線だった】

1912年~1913年

1912年~1913年

1912年8月14日日永~伊勢八王子が開業
1912年10月6日南浜田~日永が開業
1912年10月25日吉野口~六田が開業
1913年5月16日諏訪前~南浜田が開業
1913年6月1日湯の山~伊勢川島が開業
1913年7月31日養老~大垣~池野が開業
1913年9月24日諏訪~伊勢川島が開業

柏原~長野まで開通から10年後。まだ近鉄の面影はありません。

吉野線の一部が開業し、今のあすなろう鉄道や養老鉄道湯の山線が開業します。

吉野線養老鉄道狭軌で。あすなろう鉄道と湯の山線は、ナローゲージです。

1914年~1915年

1914年~1915年

1914年4月5日西桑名~楚原が開業
1914年4月30日上本町~奈良が開業
1915年2月7日法隆寺~天理が開業
1915年8月5日桑名京橋~大山田が開業
1915年9月10日白子~高田本山が開業
1915年12月25日四日市市~諏訪前が開業

北勢線が開業し始めます。同時期に大軌、奈良線が開業!

その翌年には、天理線が全線開通し、三重県では伊勢鉄が今の名古屋線を開業し始めます。

あすなろう鉄道は今のJR四日市駅まで延伸しました。

関連記事:近鉄鈴鹿線はなぜできた?伊勢電の戦略が垣間見えた

1916年~1917年

1916年~1917年

1916年1月9日白子~千代崎が開業
1916年3月5日諏訪~四日市が開業(湯の山線
1916年8月6日楚原~六石が開業
1916年8月8日上野駅連絡所~上野市が開業
1917年1月1日高田本山~江戸橋~部田が開業
1917年12月22日楠~千代崎が開業

名古屋線の延伸ラッシュです。

湯の山線を持っていた四日市鉄道も、起点駅を今のJR四日市駅にするため、そこまで延伸。

伊勢電は、津駅とは少し離れた「部田駅」まで開業します。

この時期に伊賀鉄道が開業。

1918年~1921年

1918年~1921年

1918年4月26日新王寺~西田原本が開業
1918年8月29日鳥居前~宝山寺が開業
1919年3月8日河南鉄道→大阪鉄道になる
1919年4月27日桑名~養老・池野~揖斐が開業
1919年10月25日海山道~楠が開業
1920年3月上野町連絡所を廃止。伊賀上野駅に統合
1921年1月1日天理軽便鉄道が大軌に買収される
1921年4月1日大和西大寺近鉄郡山が開業

大和鉄道が今の田原本線を開業します。

そして大軌は宝山寺にお礼のケーブルカーを通しました。

養老鉄道は全線開業。伊勢電は、着々と延伸していきます。

大軌は大和西大寺から南下する路線を作ろうと計画し、その流れで天理軽便鉄道を吸収合併します。

そして郡山まで開業。橿原線をガンガン伸ばしていきます。

1922年

1922年

1922年1月10日日永~小古曽が開業
1922年3月1日海山道~四日市(JRの近く)開業
1922年4月1日郡山~平端が開業、天理線と接続
1922年4月18日道明寺~布忍が開業
1922年5月16日王寺~信貴山下が開業
1922年6月13日養老鉄道揖斐川電気に合併される
1922年6月21日小古曽~内部が開業
1922年7月18日上野市~西名張が開業
1922年9月3日西田原本~味間が開業

あすなろう鉄道の内部線が完成しました。

伊勢電は、当初の計画だった四日市までの延伸を果たします。

大軌は橿原線を南伸。合併した天理線と接続。

大阪鉄道(南大阪線)は、天王寺に向けて延伸し始めます。

生駒線は順調に北伸

伊賀鉄道は西名張まで伸びて全通します。

大和鉄道は桜井に向けて1歩前進。笠縫駅の東あたりまで伸びました。

1923年~1924年

1923年~1924年

1923年3月21日平端~橿原神宮前が開業
1923年4月13日布忍~大阪阿部野橋が開業
1923年5月2日味間~桜井町が開業
1923年12月5日橿原神宮前~吉野口が開業
1924年4月3日部田~津新地が開業
1924年10月31日布施~八尾が開業
1924年11月1日橿原神宮前~畝傍が開業

大軌は橿原線を延伸して、橿原神宮前まで延伸しました。

今の路線とは違って、より神宮に近いところを通ってました。のちに今の橿原神宮前駅に統合します。

南大阪線大阪阿部野橋まで延伸。単独で天王寺に行ける路線を手に入れます。

コレが今、近鉄で1番利用客数の多い駅となっているとは、この時だーれも分かるわけないでしょうね。

田原本線は、順調に桜井を目指してあと1歩という感じ。

伊勢電の本線は、部田から津新地まで伸びました。津新地駅三重県津市愛宕町のあたりです。

三重県津市愛宕町

赤ラインは伊勢電の本線で、今後伸びて行くところ。今は「近鉄道路」と言われてます。

大軌は大阪線を部分開業。1924年は八尾まで完成。

吉野線は吉野口~橿原神宮前。これは今の駅です。

そっから更にJRの畝傍駅まで伸びる鉄道を作り、桜井市へ木材を運んでました。

関連記事:映画のロケ地にもなった近鉄・橿原神宮前駅

1925年~1927年

1925年~1927年

1925年3月21日大和高田~八木西口が開業
1925年9月30日八尾~恩智が開業
1925年12月20日伊勢若松~鈴鹿市が開業
1926年9月22日伊勢電が桑名延伸の免許をゲット
1926年10月21日信貴山下~元山上口が開業
1926年12月28日元山上口~生駒仮駅が開業
1927年4月1日仮駅~生駒が開業
1927年7月1日恩智~大和高田が開業
1927年11月29日湯の山線四日市~諏訪を廃止

大軌はまず八木から大阪方面と、八尾からの延伸から取り掛かります。

伊勢電は本線から鈴鹿へ延伸。海側を通してしまったので、今の鈴鹿市中心街とは外れてしまっているんですよね。

第2の町、白子は通したのですが神戸地区は支線で補いました。

関連記事:近鉄鈴鹿線はなぜできた?伊勢電の戦略が垣間見えた

生駒線は1926~1927年の間に完成。

今の湯の山線はJR四日市~諏訪の部分をやめて、仲間の伊勢電に土地をゆずります。桑名延伸のためです。

鉄道を作る免許は、仲間の揖斐電(養老鉄道)からもらってます。

1928年

1928年

1928年1月29日四日市市~諏訪前が廃止
1928年3月25日六田~吉野が開業
1928年5月1日桜井町~桜井が開業
1928年11月3日西大寺桃山御陵前が開業
1928年11月15日桃山御陵前~京都が開業

今の四日市あすなろう鉄道も諏訪まで短縮します。

そして吉野線は、今の吉野駅まで延伸。これでほぼ完成形です。

ですが、この時大軌は吉野線を持っていた吉野鉄道に圧力をかけてました。

1928年10月には橿原~吉野の鉄道免許を手に入れます。これは勝てないと思った吉野鉄道は翌年に大軌の傘下に入ります。

田原本線(大和鉄道)は桜井に到達。こっから更に名張への延伸を目指し、宇治山田まで繋げるつもりだったそうです。

そして1928年の11月、大軌は京阪と共同で近鉄京都線を全線開業します。

1929年

1929年

1929年1月5日大和八木~桜井が開業
1929年1月30日四日市~桑名が開業
1929年3月27日宝山寺生駒山上が開業
1929年3月29日古市~橿原神宮前が開業
1929年3月31日大軌が伊賀電鉄を合併
1929年7月23日鳥羽~賢島~真珠港が開業
1929年8月1日大軌が吉野鉄道を合併
1929年10月1日伊勢電が養老鉄道を合併
1929年10月27日桜井~長谷寺が開業

大軌は八木西口から大和八木駅大阪線のルート変更を行い、桜井まで延伸しました。

一方その頃・・・三重県では伊勢電が台風の目になっていて、まさに飛ぶ鳥を落とす勢い。

四日市から桑名まで延伸し、養老鉄道まで完全に自社の支配下に置きました。

大阪の南では、大阪鉄道が大軌に対抗して橿原神宮前まで開業します。

真珠港駅

志摩エリアでは、ひっそりと鳥羽~賢島(今の志摩線)さらにもう少し先の真珠港駅まで開業しました。

大軌は調子が良く、あやめ池遊園地を数年前に作っていて、今度は生駒山上遊園地も開園。ケーブルカーを延伸しました。

そして大阪線は桜井から先、参宮急行が手掛けていきます・・・さぁ参宮急行が設立しました

続きはこちら→近鉄はどうやってできた?歴史をイチからたどってみた(後編)