近鉄好きの撮り鉄が色んな事を書くブログ

近鉄好きの撮り鉄が書いてます

近鉄で1番古い!近鉄道明寺線の歴史と現在【元は本線だった】

近鉄で1番古い!近鉄道明寺線の歴史と現在【元は本線だった】

引用:近畿日本鉄道

近鉄道明寺線といったら南大阪線の支線的な存在

  • 全線単線
  • 全部で3駅
  • 使用編成が1台
  • 少なくても1時間に2往復

とまぁローカルっぽい路線ですが、実は近鉄がいま所有している路線の中では1番古い歴史ある路線なんです!

今回は、そんな陰が薄いようで重要な路線、道明寺線を取り上げていきます。

近鉄道明寺線の歴史

近鉄道明寺線の歴史

道明寺線は、近鉄の中でも最古で1898年開業です。まぁ一部、南大阪線・長野線が含まれてるんですけどね。

ちなみに、次に古いのが1912年の吉野線です。

河陽鉄道が作った

河陽鉄道は今の関西本線大和路線)の柏原駅から富田林までを開業させました。

この時、もう大和路線は完成してて、同時期に南海高野線が堺東~河内長野を開業。

河陽鉄道の登場で、河内長野市・富田林市・羽曳野市藤井寺市柏原市・八尾市を行き来しやすくなりましたね。

河内長野への延伸は、ちょっと時間かかっちゃったんですが・・・

それはどうも経営状態が良くなかったとか

裏ワザを使用

カネ無くなったから新しい会社作って引き継がせるわ

とまぁ、謎の借金回避?を行って、河陽鉄道は解散。河南鉄道に経営が移りました。

当時の会社法とかよー知らんので個人的には

何やっとんのか分からん

が正直な感想です。

河南鉄道ブチギレ

俺らは国鉄の支線じゃねぇぞ!

とブチギレしました。

道明寺線が完成してる時にはもう大和路線は、国有鉄道化されていて

俺様を誰だと思ってんねん。私鉄が調子乗んなよ

と偉そうにしていたんだと思います、多分www

河南鉄道は国鉄の態度にブチギレ、自社で大阪市まで路線を伸ばそうと計画し、実行することに。

これが後の近鉄南大阪線となります。

道明寺や古市で南大阪線が急なカーブを描いてるのは、そういう事。

近鉄南大阪線のルート設定「なんでそんな所通すねん?」を解きほぐす

こちらでも解説しています。

本線を支線へ降格

道明寺から大阪阿部野橋へ伸ばした事で、今の道明寺線を支線へ降格する事にしました。

その後、古市から橿原神宮前まで開業させたのは1929年のこと

この時にはもう橿原線吉野線も開業してたんですが、それぞれが別の会社で、まだ1つの私鉄としてまとまってません。

その辺のイザコザもなかなか面白いですよ。

線路幅のブーム

日本に鉄道が入ってきた時は、狭軌(1067mm)が流行りだったようです。

理由はいくつかあって、1番デカいのは貨物。

貨物を効率よく運ぶなら狭軌がよく、しかも山が多い日本はカーブに強い狭軌を選択するのがピッタリなんですよね。

線路幅が広くなる=全体重量が増える事に

だから運搬エネルギーがより必要になってしまう

しかも狭軌は、カーブ半径をより小さくできるようです。

ワイは工学系があんま詳しくないので詳しい事は省く。許して

後で標準軌がブームになったのは、どうやら京急が火付け役だったようです。

たしかに、線路幅が広い方が安定性は高まるし、その分速度も出せます。

だけど、車体がデカくなる分、全体の重量が上がるし、あまりキツイカーブにする事が出来ない。

というわけで車体のスぺック的にも、地形的にも日本は狭軌が合ってたんでしょう。

近鉄は3種類の軌間がある

日本で採用されてる線路幅は4種類あって、そのうち3種類は近鉄グループでみると持ってる事に。

まず標準軌近鉄ほとんどの路線で使用されてて

狭軌南大阪線道明寺線・長野線・御所線吉野線で使われてます。

もう1つがナローゲージと言われてる線路幅で、四日市あすなろう鉄道が持ってます。

四日市あすなろう鉄道の株75%を近鉄が持ってるんで、近鉄グループで見ると3種類持ってると言えますね。

ちなみに近鉄が手放した、三岐鉄道北勢線ナローゲージです。

あと1つの線路幅は、通称「馬車軌間」の1372mmで、狭軌よりも広くて標準軌よりも狭い線路

コイツを使ってるのが京王とか都営新宿線らしいです。あっちの方はよく知らんので、この辺にしときます。

近鉄道明寺線のいま

近鉄道明寺線のいま

気付いたら支線化されてしまい、古市・富田林とまっすぐ繋がってた路線は引きちぎられる事に。

一応、渡り線があって繋がってるっちゃ繋がってますが

南大阪線に直接入る、定期列車はありません。

ローカルっぽいわりに利用者は多い

2018年11月の調査で、柏原駅の利用者数は1日6400人ちょい居たようです。

この人数は、特急が停まる尺土の4348人よりも1.5倍くらい多いですね。

なんといっても、藤井寺市と八尾市をショートカットできる路線ってのが売りで、通勤通学によく利用されてるみたいです。

柏原駅でJRと対面乗り換えできる

柏原駅でJRと対面乗り換えできる

ホーム上にICカードをタッチする機械が置いてあり、これを忘れると駅出れないし、JRに乗ってしまうとエラーが出ます。

ちょっと面倒なんですが、中間改札を必ず通さないといけないんですよね。

でも降りたホームで天王寺方面行きの電車に乗れるんで、ラクっちゃラク

ただし、普通しか停まらんし、接続はそんなに良くないです。

その辺ちょっと改善してあげてほしいなぁと思う。

柏原駅近鉄大阪線・堅下駅に近い

柏原駅は近鉄大阪線・堅下駅に近い

堅下駅との距離は徒歩ルートで480m・6分ほどです。

だけど通常は通算処理してくれません。定期券だけ徒歩乗り換えが認められてる、ちょっと特殊な駅ですね。

ちなみに、南大阪線大阪線の間が1番近いのは、二上二上山です。

当然ですがこの2駅を徒歩乗り換えしようが、どうしようが通算してくれません。

新大阪・極楽橋近鉄経由)乗り入れ構想は夢

道明寺線道明寺駅南大阪線と一応繋がってますが・・・

道明寺線のホームから直接、南大阪線に入れるようには出来てません。

支線に降格した時に配線を色々と変えたってのに、また色々と追加したり破壊したりと大変なんですよね。

道明寺線直通すら大変な状態になっちまってるし、JRや南海とも繋げるとなると、更にやる事が増えます。

線路幅・電圧は同じなんですけど、保安装置の問題があるんですよね。

なので、新大阪・極楽橋への直通運転構想は、近鉄経由は可能性なしと言っても良いでしょう。

なにわ筋線ルートなら、まだあるかもしれませんね。

個人用の踏切がある

個人用の踏切がある

引用:GoogleMap

道明寺線には踏切が3か所あるんですけど、その内1つは個人の家にしか繋がらない所があります。

この踏切は勝手踏切とかではなく、ちゃんとした第1種踏切なんですよね。

第1種踏切というのは、装置が全部付いている、いわば全自動の踏切の事。

こんな踏切で、かつ行き先が個人の家しかないような所は、日本中探せば他にもありますが、近鉄ではココだけだったと思います。

大阪なら阪急宝塚線豊中市刀根山3丁目1あたりにあります。結構デカい踏切ですが、個人宅にしか繋がってません。

まとめ:近鉄道明寺線は降格されても頑張ってる

道明寺線近鉄が今持ってる路線の中では1番古い鉄道路線で、元々は本線でした。

そして最初は古市も含めて開業しています。その後、今の長野線として延びていきます。

古市駅の記事はこちら→近鉄、最古参の駅の1つ『古市駅』で見られるKTクオリティとは

だけど、大阪阿部野橋まで延伸する時に支線へ降格処分

今や1編成だけで頑張ってるローカル路線ですが、ラッシュ時は多くのお客さんを運ぶ重要な路線です。

ただのローカル線やないねんで

気に入っていただけたらブックマーク。InstagramTwitterのフォローもお願いします。

Instagramは毎日20時頃に更新。

Twitterは新しい記事を追加したらお知らせします。

他メディアは下記リンクからどうぞ

ランキング