撮り鉄の鉄道ノート

近鉄好きの撮り鉄が好き勝手に書くブログ

難読駅名?恩智駅の由来、歴史を調べてみたら・・・

難読駅名?恩智駅の由来、歴史を調べてみたら・・・

引用:Google Map/hiro66さん

今回は近鉄大阪線の恩智駅です。

  • 知ってないと読めないね
  • 駅名の由来は何じゃ?

と思ったので、調べてみました。

こりゃまた、トンでもない歴史ある町でした。

恩智駅の歴史。駅名の由来は?

恩智駅の歴史。駅名の由来は?

引用:Google Map/ホームページ制作と活用の池田屋さん

恩智駅は近鉄大阪線の駅では、まぁまぁ最初の方にできた駅です。

大阪線1924年に一部が開業。

恩智駅は1925年に開業しました。

一時は終着駅だった

恩智駅は1925年9月30日に開業。

布施(上本町から直通)~恩智まで繋がりました。

恩智駅から先、奈良方面は約2年後にできます。

ですので、恩智駅は一時的には終着

この電車は、この駅までです

とアナウンスがあった・・・?かどうかは、知らん。(笑)

恩智から先は1927年の7月1日に開業します。

関連記事:近鉄大阪線の歴史。近鉄の超重要路線を深掘りする

国道170号線(新)のために高架化される

国道170号線(新)のために高架化される

国道170号線が恩智駅の近くで線路とクロスします。

  • 車の交通量が多い
  • 線路をまたぐなら踏切必須
  • 渋滞が起こる

せっかく新しい道路を作るのに、不便ではいけないので、恩智駅は高架化されることになりました。

恩智駅の駅名の由来は

これには一般的な説と、こんな説もあるよ!ってものがありました。

  • 阿知使主(あちのおみ)という氏族が支配していた土地
  • 「阿知」が訛って、おんぢ

wikipediaなどは、この説でした。

ま、諸説あるらしいけど

もうちょい調べてみたら、こんな説もありました。

  • 恩智辺りは東に生駒山脈がある
  • 朝方は日が当たらず、暗いから「隠地」
  • 「隠地」を好字化して「恩智」
  • 都(奈良)から山を越えた遠い土地であること「遠地」
  • 「遠地」を好字化して「恩智」

参考: 恩智城趾と恩智神社(上) (2)

昔には恩智城があり、恩智左近満一が築いたそうです。

ただ、この恩智さんが阿知(阿智)の子孫かどうかは分からないみたい。

結論、恩智の駅名は、地域名から取っただけ。

地域名は大昔に支配していた人の名前が元ネタ・・・かもしれない。

恩智神社

恩智神社

引用:Google Map/記紀さん

恩智には神社があります。

この神社は公式には西暦470年に創建された、かなり古い神社です。

正確な時期は分かってないみたいで、471年前後と推定されてます。

雄略天皇(第21代)の時代。歴史教科書で言えば「古墳時代」の途中です。

考古学では、雄略天皇から存在がほぼ確定していると言われてます。

神社に祀られている神様は、水や食物をつかさどる神様と、伊勢の外宮と同じ神様の2柱。

ですので五穀豊穣をお祈りするのが、1番ご利益ありそうです。

恩智駅からは1.2kmほどです。

恩智川

駅名、地名、神社は「おんぢ」ですが、川は「おんち」と読みます。

この川は大和川と近いですが、大和川とは完全に別の川。

生駒山地が水源で、恩智を北上していって寝屋川に合流し、京橋で大川に。そっから大阪湾に繋がります。

川の名前にも「恩智」が使われていることから、相当な昔から使用されている名称なんでしょうね。

読み方が違うのは多分ですが「音が濁る」と「水が濁る」が繋がりそうで、嫌がったのかな?

好字化や、名称変更と同じですね。

※葦(あし)という植物を、ヨシと呼ぶのと同じ

恩智駅のこれまでと、これから

恩智駅のこれまでと、これから

引用:Google Map/市村寿男さん

恩智駅あたりは新・国道170号線のために1970年に高架化。

それ以降、駅はどんな感じだったのか・・・適当に調べてみました。

恩智駅周辺の交通バリアフリーが計画された

八尾市は2003年に構想を発表し、恩智駅そのものも含むバリアフリー工事が進められました。

駅にはエレベータや多機能トイレの新設。

案内の更新などが行われました。

もちろん全て完了済みです。

道路の更新事業もあって、多分全部終わってます。(汗

参考:「近鉄恩智駅周辺地区交通バリアフリー基本構想(地区構想)」の概要(PDF)

というわけで、今以上のグレードアップは無いでしょう。

住民の動向調査では昼間人口が減少

八尾市は、夜間より昼間の方が人口が少ない傾向です。

  • 通勤や通学で、八尾市外へ行く人が多い
  • 通勤や通学で、他から八尾に来る人が少ない

こんな状況です。

まぁ八尾市は「ベッドタウンやし、仕方あらへんな」と思ってるかも。

ちなみに割合は、こんな感じ。

八尾市外への通勤・通学者
大阪市49.6%
東大阪市18.9%
柏原市4.2%
奈良県3.4%
堺市2.9%
他から八尾市への通勤・通学者
大阪市23.7%
東大阪市17.9%
奈良県14.4%
柏原市10.1%
堺市4.9%

参考:第2期八尾市人口ビジョン・総合戦略(PDF)

大阪線の弥刀から先が東大阪市で、近畿大学東大阪市です。

ですので、東大阪市は恩智駅からでも結構近いところ。

もちろん大阪市への通勤・通学者が圧倒的に多いですけどね。

恩智駅は区間準急までの種別が停車し、7時台の電車は大阪方面に7本、奈良方面に5本出ているので、わりと便利です。

八尾市の駅の中では、ボチボチの利用者

八尾市の駅の中では、ボチボチの利用者

八尾市内の駅は近鉄・JR・大阪メトロの3社で合計11駅あります。

2019年の1日平均乗車人員は、こうなってました。(メトロは特定日)

近鉄八尾19,440
久宝寺18,112
八尾13,165
志紀10,525
河内山本10,371
高安5,870
八尾南5,815
恩智2,982
久宝寺2,773
服部川1,084
信貴山742

恩智駅は下から数えた方が早く、久宝寺口より少し多いです。

この事もあって、八尾市はあんまお金をかける気はないでしょう。

もうバリアフリー工事やったしな

ちなみに恩智駅周辺エリアに、新しい道路の計画もありませんでした。

参考:都市計画道路に関すること(八尾市)

まとめ:恩智駅の辺りもトンでもない歴史の古さだった

恩智駅の辺りもトンでもない歴史の古さだった

引用:Google Map/日々是好日_refs-jp YouTube.Ch_さん

駅名の由来は地名「恩智」から。

恩智という地名は、超昔の恩智あたりの、リーダーの名前から取ったようです。これが主な説。

さらには恩智神社という神社がありますが、できたのが古墳時代と言われてます。

その100年後くらいに聖徳太子が産まれたらしい。(笑)

近畿は、わりと何気ない所にアホほど歴史の古いものがありますね。

五穀豊穣に強いですが、厄除けにも強いので、厄年の方はぜひ参拝してみてください。

今回はこの辺で。それでは。

SNSに撮った写真を載せてるので、ぜひご覧ください。

スマホ画面用・写真ダウンロードページ
撮った写真をスマホの画面用サイズに切り取りました。ぜひ、お使いください。

Instagram
↑毎日20時頃に更新!主に近鉄車両を撮ってます。

Twitter
アカウントを持ってる方はぜひフォローを。

ファンティア
特によく撮れた写真をアップします。アップ済みから未公開まで

PIXTA
未公開写真を公開、販売中!

ランキング