近鉄好きの撮り鉄が色んな事を書くブログ

近鉄好きの撮り鉄が書いてます

大阪・名古屋間は1日に何往復できるのか?

大阪・名古屋間は1日に何往復できるのか?

名阪特急使ったら、1日に何往復できるんやろ?

と、ふと思ったので実際に乗ってみました!

ってのは嘘で、時刻表を見て何往復できるのか調べてみました。

名阪間は1日で・・・〇往復できる

名阪間は1日で・・・〇往復できる

条件をこうします。

  • 特急の使用OK
  • 特急の乗り換えOK
  • 「名阪」なので大阪側は鶴橋で降りてもOK

その結果、平日・土休日どちらも3.5往復が可能でした。

難波行きひのとりに乗れると少し楽

どういうことか、というと

「名阪間」という縛りなので、鶴橋で降りて鶴橋から乗る事ができます。

幸いなことに、特急ひのとりは難波着が03分前後の到着で、名古屋行きは06分前後の発車なので難波まで乗らなくても、鶴橋で乗り捨てて鶴橋から乗る事ができるんですよね。

100%名阪特急で往復できるのは

土休日の大阪発に限っていえば、名阪特急だけで3.5往復が成立します。

しかも7回乗車のうち6回が特急ひのとりです。

途中、賢島方面行き特急の方が出発時間が早い事がありますが、結局は後のひのとりの方が到着が早いですね。

というわけで、チャレンジ企画をやるとしたら土休日の大阪難波発ひのとり6列車スタートが負担は軽いのかなぁと思います(笑)

土休日ダイヤ大阪発の3.5往復はこうなる

大阪難波6時00分発・ひのとり

近鉄名古屋8時06分着

近鉄名古屋8時20分発・ひのとり

鶴橋10時26分着(上本町までは行ける)

鶴橋10時36分発・アーバンライナー

近鉄名古屋12時49分着

近鉄名古屋13時00分発・ひのとり

鶴橋15時01分着

鶴橋15時06分発・ひのとり

近鉄名古屋17時08分着

近鉄名古屋17時25分発・ひのとり(前の伊勢志摩ライナー中川乗り換えよりも早い)

鶴橋19時35分着(難波でもOK)

鶴橋20時06分発・ひのとり

近鉄名古屋22時07分着

ちなみに鶴橋駅を19時36分に出るアーバンライナー、1分乗り換えが成立しても名古屋到着は22時05分で、名張までしか戻れません。

特急料金はいくらになるか

  • 片道特急料金:1,930円
  • ひのとりレギュラー:200円
  • ひのとりプレミアム:900円

なので、土休日なんば始めでスタートした場合は最低でも14,710円かかります。

まぁ3.5往復するだけで13,510円かかるんで、ひのとりのレギュラー座席料金なんて誤差ですね。知らんけどw

実は大阪難波←→名古屋でも結果は同じ

平日ダイヤでも土休日ダイヤでも、乱れが起こらなければ3.5往復できるようです。

ただ、平日の1本目が名古屋開始だと乗り換えが必要に

名古屋5時58分発・上本町行きアーバンライナー(鶴橋乗り換え)に乗らないと3.5往復が成立しませんでした。

大阪難波開始は、6時30分のアーバンライナーに乗れば名古屋9時00分発のHVに間に合うので大丈夫です。(何が大丈夫?

以上、近鉄小ネタでした。

気に入っていただけたらブックマーク。InstagramTwitterのフォローもお願いします。

Instagramは毎日20時頃に更新。

Twitterは新しい記事を追加したらお知らせします。

他メディアは下記リンクからどうぞ

ランキング