近鉄好きの撮り鉄が色んな事を書くブログ

近鉄好きの撮り鉄が書いてます

【近鉄の新駅シリーズ】けいはんな線より前にできた駅はどこじゃ?

【近鉄の新駅シリーズ】けいはんな線より前にできた駅はどこじゃ?

近鉄の駅の中でも、けいはんな線白庭台学研奈良登美ヶ丘は最も新しい駅です。

じゃあ、その前はどこの駅だ?

というわけで調べてみました。

2006年白庭台学研奈良登美ヶ丘
1994年京都線木津川台
1993年京都線近鉄宮津
1991年大阪線大阪教育大前
1989年名古屋線:南が丘

木津川台駅が比較的新しい駅ですね。

次が宮津で、その前は大教大前。

南が丘駅については、以前に書いた【なんで特急停まるねん】久居駅で触れたので、今回のシリーズに入れません。

というわけで今回は、近鉄京都線木津川台駅について勝手に深掘りしていきます。

近鉄京都線木津川台駅ができた理由

近鉄京都線・木津川台駅ができた理由

引用:Google Map

木津川台駅を作った理由は、近鉄が開発した木津川台という住宅エリアのためですね。

ですので、地元がお願いした駅ではありません。

関西文化学術研究都市の発足

けいはんな線の延伸でも触れた、関西文化学術研究都市が理由の1つです。

関西文化学術研究都市ってのは、とある京都大学のえらい人が

これからは色んな科学研究も大事。だけど文化開発も大事やね

と発信すると、国も賛成して一気に話が進みました。

この時は国が好景気だったので、勢いですね。多分・・・

まぁ結局バブルが弾けて、一旦は右肩下がりになりましたが、学研都市にある会社が成果を出すし、何気に災害リスクが低いことも好評で、復活してきています。

ちなみに同じような都市は茨城の筑波にありますが、あっちは国家プロジェクト。関西文化学術研究都市は民間企業の関わりが強いです。

職場の近くに家があると便利

ということで、学研都市の周りには多くの住宅地エリアが設定されました。

それぞれが住宅エリアを整備して、家を売り出しました。

近鉄が開発した所は1989年に入居が開始。

その5年後くらいに木津川台駅が開業しました。

木津川台駅の場所選び

木津川台駅の場所ですが、中途半端な場所だと感じるかと思います。

  • 駅の周りに何もないくせに駅舎が新しい
  • 車で駅に近付くのが困難
  • そもそも木津川台から少し遠い

なんでこんな場所になったのか、というと私の勝手な想像ですが

  • 駅間距離の都合
  • 駅用地の確保ができる場所
  • なんとか東西で行き来ができる場所

以上の都合から、木津川台駅が例の場所になったと考えます。

木津川台駅の予定地付近

引用元:国土地理院1984~1986年航空写真

現在、駐輪場になっている場所の近くの道が整備されてますね。

順序的には整備だけ先にしているので、駅とか関係なく木津川市の都市計画で何かやってる最中なのでしょう。

そんなこともあって、他に良い場所がないと考えた近鉄は今の場所に木津川台駅を置いたんだと思います。

木津川台駅の今後はどうなる

木津川台駅の今後はどうなる

引用元:国土地理院航空写真

現在、木津川台駅は車で近付くのは少し困難です。

西口へは道幅の狭い道を通り、小さな駅前ロータリーがあるくらい。

東口もあまり大きな道がなく、駅前には申し訳程度のロータリー。

住民から文句ないのかなぁと思ってたら、整備計画は検討しているようでした。

木津川台駅前は変わる?

木津川市は2021年3月に発表した「第二次木津川市都市計画マスタープラン」(PDFファイル)で以下の検討を進めていることを発表しました。

  • 木津川台駅のアクセス道路整備推進
  • 駅前広場の整備に向けた方針の検討

ついでに近鉄に対して(JRにも)便数増加のお願いと、けいはんな線高の原駅への延伸の実現化を要望するとのことでした。

けいはんな線の延伸は・・・近鉄側は考えてなさそうですけどね。

関連記事→近鉄けいはんな線の延伸は夢のまま終わるのか

とまぁ、けいはんな線とかは置いといて、木津川市木津川台駅前をどうにかしようと、考えてはいるようです。

木津川台駅周辺、どう変わる?

特に具体的なプランはまだ作ってなさそうでした。

ゆうて東西ともに広い駅前広場と、バス停の設置、車が通りやすい道路整備が考えられます。

こんな道路作ったら便利だろうな、という勝手な案を出すとしたら

計画道路(案)

こんな感じです。

赤線の道路は、木津川市が整備予定としている道路です。

緑のラインは、こんなん作ったら便利じゃね?と勝手に考えたものです。

学研都市線京都線も高架で超えて、木津川を超えた先で地上に降ります。

国道24号線府道70号線が当たる所へ繋げれば、便利でしょうと考え勝手に想像して繋げただけです。(笑)

まぁ堤防も超えて、細い道の拡幅も必要なので、現実的には少し難しいでしょう。

繋げる場所を変える可能性もある・・・かもしれませんね。

まとめ:木津川台駅近鉄お得意の住宅地セットだった

けいはんな線よりは少し古い木津川台駅は、学研都市周りの住宅エリアの一部を開発した近鉄

駅作ったら住民が便利だろう

と考えて追加しました。

今後の木津川市の本気度では、駅前がもっと広くなるかと思います。

今回はここまでです。

気に入っていただけたらブックマーク。InstagramTwitterのフォローもお願いします。

Instagramは毎日20時頃に更新。

Twitterはこちら

他メディアは下記リンクからどうぞ

ランキング