近鉄好きの撮り鉄が色んな事を書くブログ

近鉄好きの撮り鉄が書いてます

近鉄京都線「平城駅」とJR奈良線の「平城山駅」読み方が違う理由は何や?

近鉄京都線「平城駅」とJR奈良線の「平城山駅」読み方が違う理由は何や?

結構前なんですが、関西JRで大回りをした時に初めて奈良線使ったんですけど

平城山」と書いて「ならやま」と読むの知ったんですよね

で、JRは元々興味そんな無いんで近鉄にのめり込み、今度は「平城駅」を見つける。

この2駅、読み方が違うんですよね・・・

なんでやねん

と気になったので、調べてみました。

平城駅平城山駅の読み方が違う理由

結論からいうと、ハッキリとした理由は分かりませんでした。

でも、何となくこんな事考えてたんじゃね?とイメージしました

近鉄平城駅の方がだいぶ先に開業

近鉄平城駅は今の京都線の開業と共に営業開始。1928年に開業

近鉄平城駅の方がだいぶ先に開業

1960年代からしか航空写真がなかったんですけど

どうも今の平城駅の近くには、すでに民家がチラホラとあったようですね。多分

じゃないと駅なんかわざわざ作らないですから・・・

JRの平城山駅はもっと後にできます。

平城山駅は地元のお願いによってできた

平城山駅の開業は1985年。近鉄平城駅よりも57年あとに出来てます。

なんでかというと、もともと何もない所だったから。

だけど、都市計画で

平城・相楽地区に住宅地を作るぞ

と今のURが動きました。元々は近鉄や京阪が土地を持ってたそうですけど

お国の偉い人がURに任せろって横やりを入れたんだと思います。

そのくせ近鉄所持分の土地代金たっけーぞと文句を言ってたそうですwww

1979年~1983年の航空写真

平城山駅の西側に開発中のエリアができてますね

1984年~1986年の航空写真

平城山駅の東側にも住宅地ができました。

とまぁこんな感じで住宅開発が進んで行くうちに、奈良市

国鉄さん、駅作って下さい。お金は出すんで

それならいいよ

奈良市が3億円ほど出したそうです。

ほんで今の奈良駅と木津駅のだいたい真ん中。丁度良い所に駅を建設する事に。

線路自体は1896年に京都・奈良間が全通してて、近鉄京都線より歴史は古いです。

というわけで、平城山駅の方が後出しなんです。

駅名に悩んだ

駅名候補に悩んだ

平城山駅の辺りは、通称「平城山丘陵」という場所。

漢字は元々ちがう字が当てられてたようで「那羅山」「平山」「奈良山」「乃楽山」とか

まぁ色々とありました。

参考:平城山丘陵

でも、一般的な読み方じゃないんですよね。

普通は「平城」とかいて「へいじょう」

でも、これは近鉄が既にやってるんで

近鉄さんよ、「近鉄平城」って変えてくれよ

知らんがな

と、言ったのかどうか知りませんが

同じ駅名にすると、お客さんが混乱するんで区別の為に「山」を付けて「平城山」に。

さて、次は読み方だ。

「へいじょうやま」「へいじょうざん」では語呂が良くない・・・

だったら、古い言い方の「ならやま」でいこう!

と決めたんだと思います。

調子こいて古い読み方を選んだワケではない・・・と思う

平城山駅がメチャクチャ後にできた理由は

平城・相楽ニュータウンの構想は、人口増加に伴って計画自体はあったようです。

だけど

何かやる気ねーわ

と相楽地区の行政区画である京都府が、あんまやる気なかったみたいで、開発が遅れたんだとか。

結局、平城地区は1972年に入居開始。相楽地区は1986年に入居開始に。

佐保山(平城山駅の東側)も開発してたし、段々とニュータウンが広がってきたし、まだ増えるから

住民の事考えて、駅作ってくれよ

奈良市は大金抱えて、国鉄にお願いしたんだと思います。

だから、完成が遅れたのは京都府のせいw

【まとめ】平城駅平城山駅の完成は、それぞれの事情があった

平城駅と平城山駅の完成は、それぞれの事情があった

近鉄京都線平城駅は、最初から民家がチラホラとあったから、作ったみたいで

JR奈良線平城山駅は、ニュータウン完成・人口増加により奈良市が「作ってくれよ」と3億円を持って国鉄にお願いした結果、できました。

駅名は

  • 近鉄は、読みやすいように
  • 国鉄は、近鉄と被らないように、かつ語呂良く

という理由で、決まったんだと思います。

気に入っていただけたらブックマーク。InstagramTwitterのフォローもお願いします。

Instagramは毎日20時頃に更新。

Twitterは新しい記事を追加したらお知らせします。

他メディアは下記リンクからどうぞ

ランキング